トピックス

【3月定例会-2】堀川南小の増築

カテゴリー: 議会報告

赤星議員は2月16日、他会派にも呼びかけて超党派の議員9人で堀川南小学校の視察を実施。普通教室だけでなく音楽室、理科室など特別教室も足りないこと、コンピュータ室、児童玄関、給食室、職員室など何から何までスペースが足りない状況の理解が広がりました。

待ち望まれてきた増築
敷地拡張が必要では

赤星議員は、堀川南小学校の増築事業の実施設計の予算が初めて計上され、地元でほんとうに歓迎されていると述べたうえで、「現在の敷地では手狭ではないか。敷地拡張の必要性はないか」と問いましたが、酒井・教員委員会事務局長は「現在の敷地で増築は可能」と答弁しました。

国の「防災・安全交付金」を活用し、通学路の安全対策に6億円

赤星議員は、堀川南校区の通学路・大町本郷線の予算(3,400万円)計上を歓迎すると述べ、国の新年度予算の「防災・安全交付金」を活用し、市全体として通学路の整備を大いに推進すべきと質問しました。

帯刀建設部長の答弁

国の「防災・安全交付金」を活用して、30年度で市道拡張11路線で4億9000万円などで6億円を計上した、と答弁しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2016 - 2018 富山市議会 日本共産党