トピックス

小中学校のエアコン設置を急いで!

カテゴリー: 活動報告

2018年8月6日、日本共産党、社民党、光、維新、フォーラム38の5会派は、市長宛、教育長宛に申し入れをしました。

富山市は、図書室や音楽室など特別教室には整備済みですが、普通教室にエアコン設置率がゼロなのは、県内では富山市と高岡市だけです。

申し入れには今本副市長と、宮口教育長が応対してくださいました。

今本副市長は、
「なるべく早く設置したい。これまでも議会本会議で要望されていたので。思いはみなさんとまったく同じ」
「8月10日に文科省へ財政支援の要望に行く。みなさんの御意思も踏まえて」
と回答。

宮口教育長からは、
「多くの市民のみなさんから直接、お声が届いています」
「市民の代表である議員さん方も、すべての会派から申し入れいただきありがたい」
「きちんと(市長に)予算要求して、がんばります」
との回答がありました。

ちなみに、「全会派で申し入れを」と7月23日(月)に、5会派から申し入れ文書のたたき台まで作って持って行って呼びかけ、7月27日金曜日になっても返事がないので、「自民党さんのお返事をみなさん待っていますよ!」と念を押していたのに、なんの返答もなく、自民党と公明党と誠政が、昨日午前中にヌキウチで市長に申し入れ!
公党、会派、議員間の信義にもとる行為ではないでしょうか。

子ども医療費の中3まで完全無料化は、一昨年の12月、当時の全10会派で申し入れしたからこそ、市長が「二元代表制の重みを受け止める」と、持論を脇に置いても実現に動かれたもの。

私たちは、これからも、一致できる点はどなたとも、力をあわせてがんばります!

▲ このページの先頭にもどる

© 2016 - 2018 富山市議会 日本共産党